Google Analytics 7つの基本用語 【超初心者向け】

GoogleAnalyticsEyeCatch
LINEで送る

 

こんにちは、ノ~チンです!

 

本日は Google Analytics の見方について説明します。

初心者にとっては、セッション、ページ/セッションって書かれても

分からない~~~ヽ(`Д´#)ノ!!!ですよね?!

 

Google Analytisc 7つの基本用語

 

ということで、Google Analytics の7つの基本用語について分かりやすく説明していきます!

これらの用語を理解すれば、Google Analytics の内容が理解できるようになりますよ(*ゝ∀・)b!

セッション

__

訪問数。

訪問者がサイトを継続的に見ている期間を 1セッションとしてカウントする。

__例)  Aさんがあなたのサイトを見に来ました。

___2ページ見て、他のサイトに移動しました。

___10分後に、またあなたのサイトに戻って来て、3ページ見たとします。

___この場合、Aさんは2セッションとカウントされます。

 

ページ/セッション (平均ページ数)

__

1回の訪問で訪問者が表示したページ数の平均。

複数のページを移動する中で、同じページが繰り返し表示された場合、

2回目以降も別ページとしてカウントされる。

ただし、戻るボタンでページが表示された場合は、別ページにはカウントされない。

__

ページビュー数 (延べページ表示数)

__

訪問者が表示した延べページ数。

* 延べ — 同一のものがいくつ重複しても、それぞれ一つとして数え合計すること。goo辞書からの引用

複数のページを移動する中で、同じページが繰り返し表示された場合、

2回目以降も別ページとしてカウントされる。

ただし、戻るボタンでページが表示された場合は、別ページにはカウントされない。

__

ユーザー (延べ訪問者数)

__

サイトにアクセスした訪問者の延べ人数。

__

新規セッション率

__

新規訪問の割合。

__

直帰率

__

別ページへの移動がなかったアクセスの割合。=1ページのみの訪問の割合。

セッション時間は最初のページから最後のページに移動した時間をいうため、

直帰セッションのセッション時間(= アクセスしていた時間)は0秒として集計される。

__

平均セッション時間

__

1回の訪問での平均滞在時間。

 

まとめ

 

今日は Google Analytics の7つの基本用語について見ていきました。

この中で一番最初に理解すべきは、セッションです。

サイト訪問者がサイトを継続的に見ている期間を、セッションと言います。

用語を理解して、Google Analyticsを使いこなしていきましょう!

 

では、今日はこれにて!さらばだ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

スポンサーリンク






プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。
慶應義塾大学 環境情報学部卒業。高校のときに1年間アメリカに留学。
TOEIC 985点。英語が好きで翻訳会社に就職。
1998年に共訳で『WindowsNT レジストリーガイド』を出版。
2006年に自営で海外向けに商品の代理購入、発送する仕事を始め、仕事を通して、世界20ヶ国以上の国に友達ができる。

簡単!カジュアル英語」では簡単な英語のフレーズについて、「日本文化」では日本文化を英語で説明しています。
詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク




2 件のコメント