システマ:押された状態からのテイクダウン

【この記事はだいたい3分で読めます。】
LINEで送る

こんにちは、ノ〜チンです。

昨日はシステマの練習に行ってきました。

身体を押された状態から、相手をテイクダウンするという練習をしたので、それについて書いていきます。

*テイクダウン=相手を地面に倒すこと。

テイクダウンの練習に先立って、「押してきた相手の力を受け流す」という練習もしたので、今回はこの2つの練習について説明します☆

押された力を受け流す練習

テイクダウンは、相手の「押してくる力」や「力み」などを利用するのですが、この前段階として、まず相手から押され、その力を受け流す練習をします。

ステップ1:身体のどこかを押してもらう

相手にゆっくりと身体のどこかを押してもらいます。

ステップ2:力を受け流す

相手の力を軽く受けながら、身体の位置をずらし、力を受け流します。

このとき、相手の手にそっと手を添えてもOK。

例えば、肩を押されたとしたら、相手の押す力を軽く受けながら、押してくる力と同じ方向に身体をずらすことで、力を受け流します。

この「軽く受けながら」が結構重要です。

完全にすかしてよけるのでもなく、またがっちり受け止めるのでもなく、相手がこちらの「身体に触れる」という目標を達成させてあげながら、その力の影響は受けない感じだす。

「すかさない」のは、すかすと相手に警戒心を呼び起こさせるからだと思うのです。

例えばだけど、誰かを殴ろうとしたとして、相手があからさまによけると、今度はこっちがやられる(汗)!みたいに思いそうじゃないですか?

なので、相手がこっちを押そうとしているのなら、それを阻止されたり、反撃されないと思っている方が相手の警戒心をあおらずのだよいと思います。

押された状態からのテイクダウン

「押された力を受け流す」ができるようになったら、押された状態からのテイクダウンの練習をします。

ステップ1、2までは、上の練習とほぼ同じです。

ステップ1:身体のどこかを押してもらう

相手にゆっくりと身体のどこかを押してもらいます。

ステップ2:力を受け流しながら、相手の手に軽く手をそえる

相手の力を軽く受けながら、身体の位置をずらして力を受け流します。

力を受け流しながら、相手の手にそっと手を添えます。

*ここで、「軽く」受けるのは、がっしり受け止めてしまうと、「力」対「力」の勝負になってしまうから。

女性や子供など、力の弱い人が自分より強そうな相手と対峙する場合、力勝負には持って行きたくないですよね。

ステップ3:ずらした身体を元の位置に戻す

このステップは色々な方法があって、ステップ2で大幅に相手がバランスを崩していれば、そのままテイクダウンしてもいいし、色んなやり方があります。

が、今回はわたしが一番感動した方法を記載します。

 

押してきた相手の手に軽く手を添えたまま、自分の身体を元の位置に戻します。

軽くですが、手を抑えているため、こちらが身体を元の体勢に戻すと、力が入って腕がロックされている相手は、あら不思議、あらぬ方向に勝手にバランスを崩して体勢を崩して行きます。

ほんとね、なんかヤラせなの?って思うほどヘンテコな感じでバランスを崩します。でも、自分が反対の立場になると同じようになるので、ヤラせじゃないです。

ステップ4:相手のバランスをさらに崩し、テイクダウン

ステップ3で相手はバランスを崩しているため、踏ん張るために身体の色んなところに力が入っています。

そこを押してあげると、さらにバランスが崩れます。

わたしはステップ3でついつい安心するのか、止まってしまうけど、理想的にはこのステップ4で相手が体勢を崩しまくる、あるいは訳の分からない状態にまで翻弄するという状態に持っていくことが望ましいと思います。

目的は、相手の戦意をなくすことなので、今後の練習のときは、相手がきょとんとするくらい訳分からない感じにまで相手を翻弄できるよう心がけたいと思います☆

実際に誰かに絡まれたりしたとき、中途半端な状態で止めちゃうと、相手からまた攻撃されたり、自分も危険だと思うので、ここは気を付けたいところです。

まとめ

押された状態から相手をテイクダウンする、という練習をしました。

ステップ2の一旦身体をずらして相手の力を受け流す、というステップ、わたしは「押された状態からのテイクダウン」の練習になると忘れてしまっていて、相手に何にも起こらないな~?と思っていたのですが、この力を受け流すステップを丁寧にすると、不思議なことに相手がグラグラグラ~となりました。

まだよく分からずに練習してるけど、ステップを丁寧にやることで、特に力を入れる訳でもないのに、相手がグラグラッと体勢を崩すようになるのが興味深いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。

『慶應大学卒、TOEIC985点で英語ペラペラ』という一見ハイスペックな特性を持ちながら、19歳から度重なる「うつ」を経験していました。

46歳だった2019年2月に、これまでどうして「うつ」を繰り返し発症していたのかを理解し、これからは好きなように生きていくぜ~、ひゃっほ~~ぅ(〃∇〃)b!と心に誓いました。

中2から46歳までの人生が、つまらなさ過ぎたので(←長っ)、これからは楽しいことしかいたしませんっヾ(≧▽≦)ノ!

ココロ」ではわたしが感じていることを、「人間ウォッチ」では、わたしが人生で出会ってきた記憶に残る人(いい意味&悪い意味両方ヾ(≧▽≦)ノ)について、書いています。

詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

ポチッと押して、ノ~チンを応援ヾ(・∀・。)人(。・∀・)ノ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへ
にほんブログ村