【2017年】 アドセンス狩り対策 2つの簡単な方法

アドセンス狩り
LINEで送る

こんにちは、ノ~チンです!

 

Google AdSenseに通過したらしておきたい、アドセンス狩り対策の簡単な方法について説明します。

アドセンス狩りとは

アドセンス狩りとは、AdSense広告を載せているサイトに対し、第三者が AdSense の規約違反になることをしてサイトの AdSense広告を止めることをいいます

アドセンス狩りの具体的な方法としては、以下の2つがあります。

  1. AdSenseの禁止コンテンツのサイト(アダルト、ギャンブル、違法な内容のサイト)に広告を貼る
  2. 故意にAdSense広告をクリックする

この1つ目の禁止コンテンツのサイトに広告を貼る、に対する対策については、Google AdSenseの管理画面の[所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する]を有効にすることで対応できます。

2については、完全に阻止することはできませんが、クリック数を確認し、急激なクリックの増加があった場合に、Googleに報告することで対策が可能です。

 

アドセンス狩り対策

以下にアドセンス狩りの具体的な対策について述べていきます。

Google AdSense管理画面での設定

  1. Google AdSenseにアクセスします。
  2. 画面左側のメニューより、[設定]-[自分のサイト]を選択します。
    Google AdSense自分のサイト画面
  3. 表示された画面の右上にある+ボタンをクリックします。Google AdSense
  4. [新しいサイトを追加]画面で、自分のサイトのURLを入力し、[サイトを追加]ボタンをクリックします。
  5. 画面右にある縦に点が3つ並んだボタンをクリックします(下の図を参照)。
  6. 表示されたメニューから、[サイトの認証]をクリックします。
  7. 表示画面で[所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する]を有効にし(下の図のように緑色になるようにします)、[保存]ボタンをクリックします。
  8. 登録したサイト名の下に、[サイトの認証は有効です]の文字が表示されていたら、正常に設定されています。

 

クリック数の確認

これに関しては、Google AdSenseのパフォーマンスレポートを確認し、急激なクリック数の変化があった際、Google に報告して、Google から警告を受けることを回避します。

急激なクリック数の変化があった場合の対応策

Google AdSenseの 無効なクリックの連絡フォームから必要事項を入力して、Google に連絡をします。

無効なクリックの連絡フォーム

サイト運営者IDは、Google AdSenseの左側に表示されるメニューから、[設定]-[アカウント情報]を選択すると、表示される pub-************ という形式のものになります(下図参照)。

運営者ID

まとめ

AdSense狩りの対策は主に2つ。

1つ目は、AdSenseの画面で、自分のサイトを登録し、登録サイト以外での利用を禁止しておくこと。

2つ目は、クリック数を日頃からチェックしておき、クリックの急激な増加などがあったときに、Googleに報告すること。

以上、2つになります。

 

それでは、今日はこれにて!ノ~チンチャン♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

スポンサーリンク






プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。
慶應義塾大学 環境情報学部卒業。高校のときに1年間アメリカに留学。
TOEIC 985点。英語が好きで翻訳会社に就職。
1998年に共訳で『WindowsNT レジストリーガイド』を出版。
2006年に自営で海外向けに商品の代理購入、発送する仕事を始め、仕事を通して、世界20ヶ国以上の国に友達ができる。

簡単!カジュアル英語」では簡単な英語のフレーズについて、「日本文化」では日本文化を英語で説明しています。
詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク