IKRってど~いう意味?なんの略?

IKR
LINEで送る

こんにちは、ノ~チン(@NozomiJapanese)です!

今日は英語の略語 “IKR” について。

これまで見てきた略語、a.k.a、xoxoについては、a.k.aってどういう意味? xoxoってどういう意味?を参照してくださいね!

“IKR”ってどういう意味?

さて、それではさっそく見て行きましょう!

IKRは略なのだから、それぞれ I、K、R で始まる言葉の略かも?!というのは勘のよいあなたなら気が付いているかもしれません。

実際どうかと言うと、その通り。

I は、そのまま “I”「わたし」の意味、そして K は “know” 「知っている」、R は “right?” 同意を求める「でしょ?」の意味。

つまり、”I know, right?” 「だよね?」とか「そうだよね?」なんて意味になります。書き言葉で使います。

 

『グリーン・ランタン』という映画の一幕にも登場します。

ジャジャーーーン、と変身する主人公グリーン・ランタンを見て驚く友人。

友達:”Wow….” 「わぁ…」

グリーン・ランタン:”I know, right?” 「(驚く)だろ?!」

ってな感じです。

“I know, right?” はバカっぽい?

もっとも・・・こんな動画もありました。

この動画のタイトルは

“Stop Saying “I know, right?” = 「”I know, right?” というのはやめなはれ!」です。

この動画をアップした人によると、”I know.(知ってる。)” も “Right.(そう思う。)” も同意を表す言葉なのに、これらの言葉を一緒に使う人は “I know, right?” と疑問形として使っているようで訳が分からない、と。

“Burger King is too expensive.” 「バーガーキングは高すぎる。」

って会話に対して、”I know.” 「ほんとそう。」”Right.” 「そうだよね。」のどっちかでいいはずなのに、”I know, right?” 「そうだよね?」とはどういうことだ!なんで疑問形で言うんだ?!自信がないんかっ?!と言うことらしいです。

と言うことで、人によっては言葉の乱れのように感じる表現でもあるようです。

 

日本語で言えば、「全然OK~!」みたいなもんでしょうか。

わたしの両親からすると、「全然」の次に来るのは否定的な言葉のはずなのに、「全然OK」という表現はおかしい、ということです。

意味は分かりますが、わたしが大学生のころから、「全然OK」という言い方は市民権を持ってきていて、自分でも結構普通に使います。いまでは、辞書にも「話し言葉での俗な言い方」として載っていますね。

まとめ

今日は、英語の略語 “IKR” について書いてみました。

I know, right?” の略で、「だよね?」という同意を表す書き言葉になります。

でも、人によっては言葉の乱れって思う人もいる表現になります。

それでは、今日はこれにて!ノ~チンチャン♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

スポンサーリンク






プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。
慶應義塾大学 環境情報学部卒業。高校のときに1年間アメリカに留学。
TOEIC 985点。英語が好きで翻訳会社に就職。
1998年に共訳で『WindowsNT レジストリーガイド』を出版。
2006年に自営で海外向けに商品の代理購入、発送する仕事を始め、仕事を通して、世界20ヶ国以上の国に友達ができる。

簡単!カジュアル英語」では簡単な英語のフレーズについて、「日本文化」では日本文化を英語で説明しています。
詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です