春分の日:海外ではどうなの?えぇ、ビックリ( ゚Д゚)?!

春分の日
LINEで送る

 

こんにちは、ノ~チンです!

 

今日は春分の日ですね。

今日アメリカのお客さんから来たメールに

“Today is the first day of Spring.” (今日は春の始まりの日です)とありました。

春分の日

 

さて、春分の日は英語では “Vernal Equinox Day” と言います。

「昼と夜の時間が同じ春の日」、という意味ですが、

さきほどのメールにあったように、

アメリカでは The first day of Spring と呼ばれているようで、祝日でもないそうです。

 

その他の国ではどうなんでしょう・・・?

疑問に思ったので、facebookページで聞いてみました。

なかなか面白い話が聞けましたよ♪

 

シンガポール & インドネシア

シンガポールとインドネシアでは、今日はごくごく普通の日らしいです。

それもそのはず。なんと!!シンガポールもインドネシアも赤道直下の常夏の国(*ゝ∀・)b。

春がないのだから、春の始まりの日もないのが当たり前ですね。

そっかーーーーー!!!ちょっとしたカルチャーショックを受けてしまいました。

 

気候的には、熱帯雨林気候(熱帯性モンスーン気候)に属し、乾季と雨季があります。

バリ島

フランス

普通の日だそうです。ただ、天気予報では、春が近付いていることを言っているとか。

フランスの気候を調べてみると、大陸性、海洋性、地中海性の3つの気候帯が内在しています。

海洋性気候と地中海性気候は温帯に属するようです。

 

オランダ

普通の日だそうです。

オランダの気候は西海岸性気候。

 

カナダ(トロント)

The first day of Spring、Spring Equinoxと呼んでいるけれど、祝日ではないそう。

カナダは国土が横に広いので、色んな気候の土地がありますね。

 

セルビア

祝日でも何でもなく、普通の日だそうです。

でもでも、なんとセルビアのお友達のお母さんの誕生日だそうです( *´艸`)。

Zoranのお母さん、お誕生日おめでとうございます♪♪♪

あと、教会のカレンダーでは、Seven saints martyrs of Kherson の日だそうです。

訳すと、「ヘルソンの7人の聖殉教者」となるので、ヘルソン地方でかつて

この日に殉教された聖人がいらした、ということなのだと思います。

 

セルビアは面積的には小さな国のようですが、複数の気候帯に属しているようです。

 

アルゼンチン

これ、ちょっとわたしは「そっか~~!やられた!!」と思いました。

 

アルゼンチンは今日は the first day of Autumn(の最初の日)だそうです。

そう、アルゼンチンは南半球にあるんですね。だから季節が逆!

面白いなぁ・・・・!

秋

お友達がくれたコメントは、

アルゼンチンでは、The first day of Spring (春の始まりの日)は祝日ではないよ。

でも、今日は春の始まりの日でもないよ~。

Spring day (スペイン語で Dia de la primavera)は9月なんだよ。

Spring day は Student Day(学生の日)でもあって、

勤労者にとっては祝日じゃないけど、学生にとっては祝日なんだよ。

とのことでした!

 

まとめ

 

上の情報を表にまとめてみたよ。

国名 祝日 3月20日呼び名 その他
日本 春分の日
シンガポール 春がない
インドネシア 春がない
フランス
オランダ
カナダ 春の最初の日、春分
セルビア
アルゼンチン 秋の最初の日

 

日本では春分の日は祝日ですが、他の国はただの普通の日のようです。

 

「春の始まりの日(The first day of Spring)」として春を意識している国は

他にもありますが、そもそも四季のない国はもちろん春自体が存在しないので

春の始まりを意識することもない、ということでした。

 

南半球の四季のある国では、今日は「秋の始まりの日」になるようです。

ふと疑問に思って facebook ページで聞いてみたのですが、

「え、春がない?!」とか「おぉ~!いまから秋になんのかよっ?!」など

なかなか驚きの多い結果となりました!

 

それでは、今日はこれにて!ノ~チンチャン♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

スポンサーリンク






プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。
慶應義塾大学 環境情報学部卒業。高校のときに1年間アメリカに留学。
TOEIC 985点。英語が好きで翻訳会社に就職。
1998年に共訳で『WindowsNT レジストリーガイド』を出版。
2006年に自営で海外向けに商品の代理購入、発送する仕事を始め、仕事を通して、世界20ヶ国以上の国に友達ができる。

簡単!カジュアル英語」では簡単な英語のフレーズについて、「日本文化」では日本文化を英語で説明しています。
詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク




4 件のコメント

  • 季節の 移り変わりがあるのは、普通に思ってたけど
    無い国も、あるんだね〜

    • そ~なのよね~。
      Kaiくん、前に会ったとき、こっち秋だったけど服持ってなかったじゃん?
      常夏、Dickさんはアカンだろうけど、あたしは憧れるなぁ、寒いの苦手だし。

  • Just a slight correction.

    “Spring Equinox” (no day after it)

    Ex:”Today is the first day of spring or the Spring Equinox.”