アメリカ人の不思議な脱毛事情

足と花びら
LINEで送る

昨日ひさびさに髪を切ってカラーをしました、ノ~チン(@NozomiJapanese)です!

実はここ1、2年白髪(しらが)らしきものが髪に交じってきているんですよ!Oh NO—-!

という訳で、カラーは白髪も染まるタイプのものにしてもらいました。

さて、白髪、英語で言うと何と言うか分かりますか?

英語で白髪gray hair(グレーヘア:灰色の髪)といいます。

日本語の直訳で white hair と言うと、全部真っ白の髪の毛になりますよ。

脱毛&除毛って脚の毛だけ?

さて、髪の毛の話をしていて、ちょっと毛色が変わるのですが、アメリカでの手足の毛のお手入れ(脱毛&除毛)についての話を思い出しました。

日本でも最近は手足の毛のお手入れ、結構普通にしますよね?

わたしがアメリカに行っていたとき(かれこれ25年以上前)、なんだよそれ?って思う不思議なことがあったんです。

わたしがアメリカに留学したのは、高校生のときだったので、アメリカに行って、初めてわたしは脱毛なるものにチャレンジしてみました。

カミソリでシャーと剃って(そって)いた訳ですが、初めのうちは間違って肉ともども剃ってしまい「ぉ、お~~~!!!(汗)」ということも経験しました。これ、痛いよ(;´▽`A“。

で、わたしは脚の毛と腕の手と両方処理していたのですが、友達(←男)から「なんで腕も剃ってるの?」「腕の毛は剃らなくていいんだぜ」とのアドバイスが。

脚の毛の処理

※ ちなみに、毛深い、という英語は hair(髪) に y を追加して、hairy ヘリ―、または ヘアリー のように発音します。

白人・黒人・アジア人の違い

女の子の友達の腕などを見ていると、確かに腕の毛は処理していないようでした。

で、よくよく観察してみると、白人の腕の毛って日本人の毛と違ってほとんどの人がそんなに黒くないんですよね。

髪の毛が赤毛やブルネット(茶色)の子でも、腕の毛は金髪に近い色だったりします。

脚の毛は腕の毛の色より濃いので、処理するけれど、腕の毛はそれほど目立たないから処理しなくてもOKというのが慣習という感じでした。

黒人は黒人で肌の色が黒いので、多分腕の毛の処理をしなくてもこちらも目立たないんだと思います。

 

な訳で、個人的には腕の色が白っぽくて腕の毛の色が黒い日本人は腕の毛も処理するべきでは?と思ったのですが、一般的にアメリカでは処理する毛は脚の毛メインということのよう。

まとめ

ということで、アメリカでは脚の毛は処理するけれど、腕の毛の処理はあまり気にしなくてもよい、という感じでした。

もともとは、脚の毛は除毛しないと色的に目立つけど、腕の毛は色が薄いことが多いので処理しなくてもOK、ということから来ているようでした。

個人的には、アジア人は手も足もした方がいいんんじゃない?と思います。

そんなこんななノ~チンでした♪♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る

スポンサーリンク






プロフィール

このブログを書いているノ~チンです。
慶應義塾大学 環境情報学部卒業。高校のときに1年間アメリカに留学。
TOEIC 985点。英語が好きで翻訳会社に就職。
1998年に共訳で『WindowsNT レジストリーガイド』を出版。
2006年に自営で海外向けに商品の代理購入、発送する仕事を始め、仕事を通して、世界20ヶ国以上の国に友達ができる。

簡単!カジュアル英語」では簡単な英語のフレーズについて、「日本文化」では日本文化を英語で説明しています。
詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク